×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一攫千金への道

MENU

宝くじ

宝くじは今年の年末で10億円!でも、なかなか当たりませんね〜・・・どんな買い方がいいの?ちなみに一年に一度、その年の締めくくりとして「年末ジャンボ宝くじ」を購入される方はたくさんいますよね。データでもはっきりとでているように、年末ジャンボ宝くじの一ヶ月分の売り上げ金額と、ロト6宝くじの一年分の売り上げが同じとされているくらいですから、圧倒的な高い人気は衰える事はないようです。

 

ジャンボ宝くじは、全国都道府県と15の指定都市で発売されています。種類は11月発売の年末ジャンボの他に、5月発売のドリームジャンボ・7月発売のサマージャンボの3種類があります。グリーンジャンボとオータムジャンボといわれている物は、最初から発行枚数が制限されています。「全国通常宝くじ」に分類されているので厳密には別物です。ただ、発行枚数が制限されているにも関わらず、毎年グリーンジャンボ・オータムジャンボは400〜500億円の売り上げがあります。ドリームジャンボ・サマージャンボでは1000億円、年末ジャンボはその倍の2000億円を毎年売り上げているので、その人気を強くうかがわせていますね。

 

2000億のうちの10億が1等で、宝くじ屋の儲けは半額!世界でもこんなに高いテラ銭を取るギャッんブルはないそうです。統計屋さんに言わすと当たる確率はほとんど0とか。でも買わなきゃ当たらない。ちなみに当たった人のイニシャルはKが多くて、1万円分(30枚)買う方が多いそうですよ。

 

ジャンボ宝くじの1等当選確率は1000万分の1と言われています。その1000万分の1になれるようにと、一粒満倍日や大安の日に購入されたり、高額当選が続出している人気宝くじ売り場まで足を運ぶ方もいるようです。どの方法が一番高額当選に繋がるというデータはなく、結局は自己満足です。でも、どうせ購入するなら、自分の満足のいくやり方を色々試した方が楽しいですよね。

人気の宝くじ売り場

一粒万倍日・大安日に購入する方は、もちろんたくさんいますよね。また、高額当選が続出しているような人気宝くじ売り場で、くじを手に入れたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そんな皆様の為に、東京・大阪・名古屋地区から代表して、六つの人気売り場をご紹介します。まず、東京地区代表一つめは、JR有楽町駅中央口構内売り場です。場所的には目立たない所にありますが、いかにも御利益がありそうな大黒天様像が設置されているので、一度お願いしに行くのもいいでしょう。もう一つは、西銀座デパートチャンスセンターです。東の代表と言っても過言ではない程に、宝くじファンなら知らない人がいない売り場です。宝くじツアーで、この売り場に寄るプランもあるんですよ。

 

そして次が、池袋南口西武線構内売り場です。駅構内に小さく設置されていて、どこにでもあるような売り場の為、一見、当たりそうにない感じもしますが、実は高額当選が続々でているんですよ。最後に、新橋駅烏森口ラッキーセンターです。当選率と共に、売り場も派手で大きい為、自然と、「当たりそう」という気持ちになれます。大阪の代表は、大阪駅前第4ビル特設売り場です。この売り場は、ドリーム・サマー・年末のジャンボ宝くじ全てにおいて一番多く高額当選がでています。名古屋地区代表は、名駅前チャンスセンターです。日本で三位の高額当選売り場です。近畿地方にお住まいの方は、行ってみる価値はありますよ。

 

連番買いとバラ買い

宝くじを購入する際に、連番とバラではバラの方が当たる確率が高いように思えるのは私だけでしょうか?しかし、実際のデータでは、連番とバラでの当選確率の違いという統計はありません。どの賞を狙って宝くじを購入するかによって、連番とバラのオススメ度が変わってくるのです。「連番」で宝くじを買う場合、1等の当選番号の前後賞が当たる可能性が高くなります。

 

なぜなら、連番というのは、組が同じで番号が連続しているものの事を指すので、組違い賞や他の賞にはなかなか引っ掛からないからです。ですので、1等または1等前後賞のみに賭ける方は、「連番」で購入する事をオススメします。その一方で、「バラ」で宝くじを買う場合、1等の当選番号の前後賞というのは狙えません。ですが、組や番号が、それぞれに全く違う物となっているので、組違い賞や他の賞に当たる可能性が高くなります。

 

ですから、1枚1枚ハラハラ・ドキドキしながら、当選番号と照らし合わせるのが好きで宝くじを購入される方は、バラでの購入が一番オススメといえるでしょう。連番とバラどちらにせよ、10枚単位で購入されると、下1ケタが自動的に「0〜9」となるので、1枚は当選確実となります。換金さえすれば、実質10枚を9枚分の金額で購入できる事になるのです。今まで1枚も当選した事がない人は10枚単位がお得ですよ。このような連番とバラの本来の意味をしっかりと理解し、いつもよりもっと宝くじを楽しみましょう。

 

ちなみに当選確率はどっちも一緒。どっちでもいいのですが、管理人は連番派。数字を確認すると、一発で当たり・はずれがわかります。ま、ほとんどかすりもしませんが。。

 

外国の宝くじ

今は海外に行く事なく、他国の宝くじを購入・売買・換金する事が容易な時代です。しかし、日本では外国の宝くじを購入・売買・換金する事は法律で禁止されています。どんな種類の物でも、犯罪とみなされます。もちろん、海外に行き、現地で宝くじを購入して換金する場合は違法にはなりません。ですから、外国の宝くじを購入したい場合は、海外へ足を運んでくださいね。外国の宝くじは、払い戻しの確率が日本より高かったり、金額の上限がない為に日本の宝くじとは比べ物にならないほどの高額な当選金額がでる事が多いです。現地に行って、何気なく購入したクジが、夢の億万長者に繋がるかもしれませんよ。しかし最近は、そんな外国の宝くじに関する悪徳商法が多く報告されています。一番多い手口は、海外から自分の住所にダイレクトメールが届く方法です。内容は色々ですが、外国の宝くじが当選したと書かれた書類が届くようです。しかし、よく見てみると「当選のチャンスが当たった」という曖昧な内容で、ほとんどがクレジットカードなどで登録費用を支払えば、当選金や高額な賞品が貰える手順になっています。もちろん、送金しても貰えた例はありません。対処法は無視が一番ですが、外国の宝くじに登録してしまった覚えがある方は、すぐに登録解除をしてカード会社に引き落としをストップする連絡をしてください。ちなみに詐欺会社は、送り元の住所・同封の申し込み書の住所・電話番号・宝くじの名称が検挙を恐れてバラバラな物が多いです。

インスタントスクラッチ

インスタントスクラッチとは、硬貨で削って、数字や絵柄が揃うとその場で当たりとなる宝くじの一種です。最近では、全国各地の宝くじ売り場で、このインスタントスクラッチを取り扱うところが多くなってきています。買い物ついでにふらっと寄ってみたら、思わぬ展開になったという方も多いかもしれません。このインスタントスクラッチには、どんな種類があるのか、少し紹介します。第1号のインスタントスクラッチは、「ラッキー3(さん)」だそうです。こちらは、三つ同じ数字か同じ絵柄がでれば当選となり、数字や絵柄によって賞金が大きく変わってきます。典型的で、よく知られているものですね。そして、平成14年から発売がスタートしたのが、「お年玉スクラッチ」。こちらは「ラッキー3」にプラスアルファでお年玉賞がついた物になります。また、「タテ・ヨコ・ナナメ」についてですが、こちらは同じ物が3つ縦・横・斜めのうち1列でも揃えば賞金が貰えます。次に、「トリプルゴー」についてですが、こちらは3列の枠内を削って、横のみ1列に「5」の数字が3つ揃えば賞金が貰えます。「エキサイト7」ですが、「トリプルゴー」と同じ要領でこちらは5列の枠内を削って、横のみ1列が「7」の数字で3つ揃えば賞金が貰えます。最後に「ラッキー迷路」。こちらは、名前の通りスタート地点から削って行き、ゴールに金額がでてきたらそれが賞金となります。簡単な説明になりましたが、もっと詳しい事を知りたい方は、公式サイトを参考にしてくださいね。

更新履歴